SEOにおける効果的なキーワード決定の2パターン

WEBサイトを運営するにあたってはどういったキーワードを強調してゆくかというのがSEOのポイントとなります。
そして、ここでキーワードの決め方は大きく2パターンに分けることができます。
1つ目は、そのWEBサイトのテーマを固定してそのテーマに関係するキーワードをページや記事ごとに確定させるパターンです。
例えば、ソファをテーマにしたサイトを作成する場合には1ページ目にソファの素材に関するキーワードを強調し、2ページ目にソファの大きさに関するキーワードを強調するといった構成です。
一般的にはこちらのパターンで作成することが多いですね。
そして、2つ目はサイト全体のテーマを決めずにページや記事ごとにテーマとキーワードを変えるというパターンです。
もちろん、これをそのまま作成したのでは内容に統一性のないSEOとしても低評価なサイトになりまのであるポイントをおさえることが絶対条件です。
そのポイントとは、話題性のあるトレンドテーマのみを記事にすることです。
例えば芸能人の結婚や野球チームの優勝といったその時その時で時事的に話題になっているテーマをリアルタイムで記事を作成してゆけば、もともと話題性の高さゆえに検索率が上がるという仕組みですね。
こちらの方法は何か特定の商品を販売するサイトには不向きですが、多数に広告を見せたいというサイトには有効です。