SEOを行う際に注意すべき手法

本来SEOとはサイトのユーザビリティを向上させることで検索エンジンの評価を上げて検索時の表示順位を上げてアクセスを増やすためのものです。
しかし、一方で検索エンジンの裏をかいて表示順位を上げる手法も存在します。
これは一時的にアクセスを上げる効果はありますが、中長期的にみるとマイナスに働きますのでおすすめできませんが、無自覚に行ってしまっている場合もあるので、それと知らずに行ってしまいがちな手法について挙げてみましょう。
まずはキーワードの過剰な詰め込みです。
ページに含まれるキーワードが多いほど、そのキーワードで検索された際に上位にヒットすることを期待してやってしまいがちですが不自然な多用は評価を下げますので、自然な文脈を維持できる範囲で使うのがベストです。
次に過剰な相互リンクです。
これも被リンクのSEO効果が高かった時代の名残ともいえますが、現在では評価の低いサイトからのリンクはプラス要因にはなりませんのでテーマに関連の薄いサイト間でのリンクは控えましょう。
また、他のサイトを回って片っ端からコメント欄に自サイトへのURLを貼ってゆく行為も検索エンジンの評価を下げますので注意しましょう。

SEO代理店のお問合せはこちら

最新投稿